人件費・賃金に関する補足説明をしております。

記事倉庫

当サイト上で取り上げている内容の補足説明をしております。

出向と派遣とは、どこに違いがあるのでしょうか?

2009年08月22日 籍出向とは、元の会社に在籍しながら、他の会社にも在籍して就労する雇用形態をいう(図A参照)。この在籍出向は二重の雇用関係になります。
これに対し、労働者派遣法に基づく派遣とは、元の会社に在籍しながら、他の会社に赴いてその会社の指揮命令下で働く形態をいいます(図B参照)。
いずれも、元の会社に在籍しながら、他の会社の指揮命令下で就労することは共通しており、外形的に見ると差異はないことになります。


しかしながら、結局、その就労する他の会社との関係でも身分関係を取得するか否かという点が違うのです。
すなわち、出向社員の場合は出向先でも人事異動の対象となり、したがって配転、転勤や昇進・降職などを命ぜられることになります。また、その勤務態度・出勤状況、成績などについての査定を受けることになりますし、職場を乱す行為をすれば懲戒処分の対象となるのです。

これに対し、派遣社員の場合は、派遣先会社との関係は就労関係のみであるから、派遣先からの人事異動も査定もありません。単に勤務態度や出勤状況、成績が悪ければ、派遣契約に基づき派遣先から派遣元へと注意をするよう連絡が行ったり、代替要員を派遣するように派遣元たる企業に対して要請することになります。



不況こそ制度を見直すチャンス!

不況に勝ち抜く人件費、賃金制度をアドバイス! 人件費・賃金相談室
企業にとって極めて重要な、人件費問題、賃金制度の運用、考え方をコンサルディングいたします。経営者様・社員様の両方の目線で考え、お客様にとって最適な制度をご提案させていただきます。
TEL・FAX 075-801-5900
営業時間 8:30〜18:30 定休日 土曜、日曜、祝日

お問い合わせ