人件費・賃金に関する補足説明をしております。

記事倉庫

当サイト上で取り上げている内容の補足説明をしております。

賃金を考えるのに、忘れてはいけないこと

2009年07月29日 第1の性質…「労働の対価」
第2の性質…「労働者の生活費」
第3の性質…「企業活動の費用」

賃金や賃金制度を考える際に、この3つの性質のいずれかを無視して設計してしまうと、いずれ何らか問題が生ずるのです。
賃金の決め方は、経済社会の変化とともに次第に変わってきます。 世の中の動きに応じて、自社の賃金制度を見直していくことが必要です。
そうした中で注目すべきことは、賃金をますます明確に、そして納得できるように決めなければならなくなってきたということです。賃金・賃金制度は、非常に重要な意味を為すようになってきています。
しかし、よくある誤解だけにはご注意ください!
賃金制度を変えると皆ががんばるとお考えになられる経営者もおられるようですが、実際、“賃金制度だけ”変更しても何も変わりません。賃金制度それだけを変えても社員の働き=企業活動が変わるわけではなく、周辺の制度や仕組み・仕掛けの整備が必ず必要です。たとえば、社員のモチベーションを上げるには、賃金でない、仕組みが必要です。それは、上司のリーダーシップ向上であったり、納得性の高い評価制度であったり、教育訓練であったりするのです。ぜひ、こちらをお読みください。
今まで様々な企業様を拝見してきて、こういった点に対する経営者様のご理解をしていただきたいと強く思っています。

不況こそ制度を見直すチャンス!

不況に勝ち抜く人件費、賃金制度をアドバイス! 人件費・賃金相談室
企業にとって極めて重要な、人件費問題、賃金制度の運用、考え方をコンサルディングいたします。経営者様・社員様の両方の目線で考え、お客様にとって最適な制度をご提案させていただきます。
TEL・FAX 075-801-5900
営業時間 8:30〜18:30 定休日 土曜、日曜、祝日

お問い合わせ