人件費・賃金に関する補足説明をしております。

記事倉庫

当サイト上で取り上げている内容の補足説明をしております。

賃金とは、「企業活動における費用」である

2009年07月30日 例えば、能力基準で賃金を支払っているとすれば、その人の能力は確かに向上しているとすれば当然、賃金は上がってきます。しかし、一個人の能力が上がろうとも、売上げが下がっている状況では、賃金を上げることはできません。

まずは、自社の「賃金の総原資」="トータルでいくら支払えるか"を考えなければなりません。支払い能力を超えて賃金を支払っていては企業を維持することは当然できません。
ある売上額で、目標とする利益を出すためには、企業ごとの付加価値や適正労働分配率を考えて、"総人件費はいくらしか支払えないか"=『適正人件費』を算出し、それも観点に入れた賃金制度である必要があるのです。ただし、これも通常時と今のような非常時では分けて考える必要があります。
この賃金は企業活動における費用=人件費であるという観点については、極めて重要ですので、別項目として、独立してこちらに詳しく載せています。

不況こそ制度を見直すチャンス!

不況に勝ち抜く人件費、賃金制度をアドバイス! 人件費・賃金相談室
企業にとって極めて重要な、人件費問題、賃金制度の運用、考え方をコンサルディングいたします。経営者様・社員様の両方の目線で考え、お客様にとって最適な制度をご提案させていただきます。
TEL・FAX 075-801-5900
営業時間 8:30〜18:30 定休日 土曜、日曜、祝日

お問い合わせ